見出し画像

[2018.06]特集:ぼくらの音楽 Emerald〜Pavlov Cityから開かれた場所へ

文●宮本剛志 text by TAKESHI MIYAMOTO

 元PaperBagLunchboxのボーカル、中野陽介がModeastのメンバーと結成したバンドがEmeraldだ。ディアンジェロ、Jディラ以降のネオソウルや現行ジャズのビート感覚を持ったアンサンブル、そしてそこに乗る中野のエモーショナルかつやわらかな歌声は特筆に値する。昨年リリースした3年ぶりのアルバム『Pavlov City』もバンドを自己更新した素晴らしい作品だった。そのボーカル中野に加え、サウンドの中核を担うキーボードの中村龍人とギターの磯野好孝に話を聞いた。

画像1

左から、高木陽(Dr.)、藤井智之 (Ba.)、中野陽介(Vo.)、磯野好孝(Gt.)、中村龍人(Key.)


この続きをみるには

この続き: 3,252文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2018年6月号
ラティーナ|2018年6月号
  • 32本
  • ¥950

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。