見出し画像

[2018.10]ホンジュラス気鋭のジャズグループ Hibriduz Jazzによる「Punta Jazz」が日本初上陸!

文●李 祥太 text by Shota Lee

 最近でこそスペシャルティコーヒーの普及に伴い、コーヒー豆の産地として日本でも認知されつつ中米ホンジュラスではあるが、まだまだよく知らない方も多いのではないだろうか。私自身も後者の一人だったが、2年前のある出会いをきっかけに、音楽を通じた親交を深めることとなる。

 2016年2月11日、当時留学先のニューヨークでビッグバンドを率いて活動していた私は、この日もいつものバー&ライヴハウス「Terraza 」で演奏をしていた(ちなみに、このTerraza は、クイーンズ区ジャクソンハイツで地元の人々[主に中南米系移民]に愛されているバー&ライヴハウスで、コロンビア系オーナーのFreddyがこよなく愛するジャズをはじめ、中南米各国の音楽が楽しめるクイーンズ随一のライヴスポットである)。この場所はいつも様々な「出会い」で溢れているのだが、この日出会ったのが今回来日するホンジュラスのジャズバンド「Hibriduz Jazz」の若きリーダー、トランぺッターのブライアン・パゴアガだった。ニューヨークに短期滞在中だった彼は、その夜の我々の演奏を聴いて、後日、私にホンジュラスのビッグバンドとの共演オファーをくれ、現在に至るまでの彼らとの国を越えたコラボレーションがここから始まった。

この続きをみるには

この続き: 1,532文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年10月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年10月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。