見出し画像

[2017.05]イサオ・ナカムラ 〝打楽器の世界〟

文●中原 仁

 長年、ドイツを拠点に現代音楽の打楽器奏者として活躍し、カールスルーエ国立音楽大学の教授もつとめている中村功(イサオ・ナカムラ)が11月、東京でソロ・リサイタル「イサオ・ナカムラ 〝打楽器の世界〟」を開く。

 中村功は、日本のサンバ・パーカッション奏者の草分けでもある。1958年、大阪で生まれ、少年時代から地元の祭りで太鼓を叩き、京都市立堀川高校音楽科(現・堀川音楽高校)から東京芸術大学打楽器科に進学して間もなくサンバと出会い演奏を始めた。

 第一次ブラジル音楽ブームの当時(70年代末)、都内の各大学にサンバなどのブラジル音楽を演奏する学生が大勢いた。今も活躍している同世代の音楽家が笹子重治、服部正美、岡部洋一(以上、早稲田大学)、秋岡欧、安井源之新、ヤヒロトモヒロ(以上、上智大学)、渡辺亮(武蔵野美術大学)など。まさに〝レジェンド世代〟なのだ。

 本誌で中村功のインタビューを行なうのは84年1月号以来、実に33年ぶり。そのとき「野望としては、国際的なスケールでいろいろやっていきたいな」と力強く締めくくった当時20代半ばの彼は、有言実行を貫き現在に至っている。

中村功6XXX

この続きをみるには

この続き: 3,708文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)