見出し画像

[2020.02]ミルタ・アルバレス 巨匠アニバル・アリアス直系の本格派女流ギタリスト アルゼンチンより初来日6都市公演

文●森井英朗 text by HIDEO MORII

 ブエノス・アイレスのタンゴシーンで輝きを放つ女性タンゴ・ギタリスト、ミルタ・アルバレスが初の来日ツアーを2020年2〜3月にかけて全国6都市で行う。アニバル・アリアス直系の伝統的なタンゴ・ソロギターのスタイルを継承しつつ、フォルクローレも演奏し、さらに弾き語りもおこなう懐の深い音楽性を持つ彼女。本人にとっても念願の初来日を前にインタビューを行った。

── 日本に来るのは今回が初めてですか?

ミルタ・アルバレス はい。初めて日本を訪れる事ができるのを、とても嬉しく思っています。日本の文化に以前からとても興味を持っていて、ブエノスアイレスで墨絵の教室に通った事もあります。日本と日本の方々に深い憧れと尊敬を感じています。タンゴに関しても、日本には藤沢嵐子さん、阿保郁夫さんといった素晴らしい表現と感情でタンゴを抱いていた歌手がいらっしゃいますね。

── タンゴをギターで弾き始めたきっかけは何だったのですか?

ミルタ・アルバレス 8歳でギターの勉強を始めました。ギターは常に私にとって魔法で、音の隠れ家であり、特別な世界でした。幼少よりこの美しい楽器を抱き、その可能性を知ることは素晴らしい経験でした。私の家族は、いつもフォルクローレとタンゴを聴いていました。私にはパジャドール(ギターで即興で弾き語りをする歌手)の伯父がおり、彼の歌とギターはとても特別なものでした。クラシックギターを学び始め、アベジャネーダ音楽学校にて、タンゴギターをアニバル・アリアス、ファルクローレギターをケロ・パラシオスと2人のマエストロに師事しました。その後、ギターのためのアレンジを始め、歌を学びレパートリーに加えていきました。ポピュラー音楽は、私のギターの道を切り拓き、それが私のアイデンティティとなっています。

この続きをみるには

この続き: 2,264文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2020年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。