見出し画像

[2019.11]音と映像による舞踏会 モニカ・サウマーゾDVD『Corpo de Baile』 インタビュー

文●ヂエゴ・ムニス text by Diego Muniz

 モニカ・サウマーゾが2015年から2016年にかけて、ブラジル国内の11都市をツアーした『Corpo de Baile(コルポ・ヂ・バイリ)』が、この度映像化された。映画『セントラル・ステーション』などを手がけたヴァルテル・カルヴァーリョが、ブラジルの美しい風景を使用した映像による舞台演出を手がけ、その音楽世界を見事に表現した。ステージには9名のミュージシャンがオーケストラのような迫力のある演奏をし、モニカは安定したパフォーマンスを披露した。

 ギンガとパウロ・セーザル・ピニェイロの共作ばかりを歌った『Corpo de Baile』の、ベロ・オリゾンチのパラーシオ・ダス・アルチス劇場で収録されたコンサートは、それから3年を経て、SESC レーベルよりリリースされた。

「ステージに立って、プロジェクションされたその仕上がりが客観的に見られないことを残念に感じていました。このステージの記録をどうしてもとっておきたかった。だから、映像による舞台演出を手がけてくれたのがヴァルチーニョ(ヴァルテル・カルヴァーリョ)だったし、映像を残しておこうと決めたのです。将来的な展望はないまま、記録のための費用はすべて自分で負担しました」とモニカは語る。

この続きをみるには

この続き: 2,633文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)