見出し画像

[2019.05]【連載 それでもセーヌは流れる 124】フランソワ・リュファンによる初の ジレ・ジョーヌ映画『太陽が欲しい』

文●向風三郎

画像1

ジレ・ジョーヌのドキュメンタリー映画
『太陽が欲しい(J'veux du soleil)』ポスター

 2019年4月6日、ジレ・ジョーヌ(黄色いチョッキ)運動第21回目の土曜統一行動日、内務省発表の全国のデモ参加者数は2万2千人、前週の4万人から約半分に、そして2018年11月17日記念すべき第一回統一行動の28万人に比すれば十分の一足らずまで減った、として大手メディアは運動の終息が近いと報じた。

 私はその「運動の終息」という見方をあまり信用していない。これまでの報道が、シャンゼリゼやボルドーやトゥールーズで機動隊との大きな衝突や商店街に甚大な被害が出れば(否定的に)「大きな運動」と問題の大きさを強調してきた感があるからである。今週は高級レストランへの襲撃がなかった、ということが運動が弱まったということではない。3月中旬の時点で世論調査はフランス人の61%がジレ・ジョーヌ運動を支持しており(BFMTV調査)、政府と大手メディアが運動の暴力性を声高に糾弾しても、その支持率は下がらない。極左と極右の過激分子と郊外の組織的犯罪グループが街頭で破壊活動の限りを尽くしている、世界一の観光都市パリから観光客が逃げ出し業界は大損害を受けている、という毎週末の報道にも関わらず、だ。21週間、150日、運動は続いている。前代未聞の全国規模抗議活動であり、政府はこれほどまでの長期化を全く予想していなかったであろう。

画像2

映画『太陽が欲しい』より
「怒れる人民(Peuple en colère)」

 4月3日、フランス北部(アミアン)から地中海まで南下して各地のジレ・ジョーヌたちを捉えたドキュメンタリー映画『太陽が欲しい(J'veux du soleil)』(監督フランソワ・リュファン&ジル・ペレ)が全国で公開になった。低予算で大手配給を通さない独立系上映館を中心にした限られた配給ルートであったが、初日だけで1万2千人の動員、加えて3月末からの全国縦断のプレミア上映会(+スタッフとの討論会)ですでに2万人入場が加算され合計3万2千で初日観客数で4位という快挙を成し遂げた。私はパリ14区モンパルナスの映画館で200人のホールを急遽2つに増やして行われた満員の初日上映に立ち会った。上映の後予定されていたフランソワ・リュファンの登壇はなかったが、代わりにリュファンと近い反寡占の立場を取る社会学者モニック・パンソン=シャルロとの約一時間の討論会が行われ、ほぼ全員が残って映画の評価と闘争の将来について語り合った。熱い宵であった。

画像3

アミアンの同じ私立高校に通っていた
マクロンとリュファン

この続きをみるには

この続き: 4,827文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。