見出し画像

【連載 それでもセーヌは流れる 108】 10年ぶりのアルバム、マルク・ペロンヌの今とここ

文●向風三郎

画像1

マルク・ペロンヌ

 ディアトニック・アコーディオンとはひとつのキーを押して、蛇腹を開いた時と閉じた時で2種類の音階の音が出る楽器。マルク・ペロンヌがこの楽器を初めて見たのは、1971年のユマニテ祭り(フランス共産党機関紙ユマニテが主催するフランス最古の大音楽フェス)に登場したルイジアナのケイジャンのバンドだった。躍動的にダンスを煽るこの楽器に魅せられ、青年ペロンヌはステージ後にバンドマンに駆け寄り、この楽器は何と言うの? と尋ねる。翌日青年はパリ11区バスチーユ地区にある老舗大型楽器店ブシェールに行きその楽器を求めるのだが、店員はそんな楽器聞いたことないと言いながら在庫簿を調べると、「15年前から売れ残っている1台が」と。

 これはマルクがステージに出るたびに必ず語るエピソードのひとつ。私もこの話はステージで十数回聞いているが、毎回場内は大きな笑いに包まれる。これだけではなくマルクのMCは毎回ほとんど変わらず、熱心なファンたちは何十回も何百回も同じ話を聞いていることになる。マルクはそれを変えようとしない。それは毎回同じ笑いを取り、すでに名人落語の一席の領域に近い。ファンたちはマルクの演奏だけでなくこういうMCの名調子を聞きにやってくる。長年の盟友であるベルナール・リュバ(マルチジャズ・プレイヤー、77年からオクシタニアとジャズのユゼスト・フェスティバルを主催)は、「俺たち(リュバ、ペロンヌ、アンドレ・マンヴィエル)は演奏よりも喋る時間が長いことで知られ、コンサート主催者泣かせだった。図らずも俺たちは何曲演奏してギャラなんぼという世のシステムに背を向け、生産性第一主義に逆らっていたのだ」と笑う。

画像2

長年の盟友ベルナール・リュバとアンドレ・マンヴィエル

 「俺は毎回同じ話をすると言っても、回ごとに俺のコンディションも違えば、聞いてる客も同様。話し方も感じ方も毎回違うはず。重要なのは一度しかないその瞬間の幸福を共有することだ。」

画像3

マルク・ペロンヌ

 音楽家マルク・ペロンヌにとって、話芸は次第に重要な位置を占めていく。別の見方では、それは必要でもあった。40年も前から難病多発性硬化症は緩やかにマルクを冒しだし、四肢の筋力が低下し、2002年からは車椅子生活になった。両腕は持ち上がらなくなり、アコーディオニストにとっては蛇腹の開閉(特にディアトニックはクロマティックの数倍の開閉動作)や両手の運指に支障をきたすことは、音楽生命を絶たれることに等しい。万有引力との戦い。日々を追うごとにマルクの体は地球に引っ張られて重くなっていく。演奏の機会も少なくなっていったが、それでも出たなら2時間しっかりやる。奥様でありヴィエル・ア・ルー(ハーディーガーディー)、ヴァイオリン、パーカッション、ダンス、歌などでステージを補佐するマリー=オディル・シャントランの出番も多くなる。そして何よりもマルクの話芸がそのアートを一流のもののままに保って余りある。 

この続きをみるには

この続き: 3,563文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。