見出し画像

[2019.07]ミナス音楽を聴こう!〜ミナス新世代が選ぶ新旧の名曲(前編)

 ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジェス、トニーニョ・オルタなどを輩出した1960年代末の「クルビ・ダ・エスキーナ」。その再来として現代のミナスジェライス州の音楽シーンが注目され、本誌でもそのシーンで活躍するアーティストを取り上げ、2014年5月号に新世代ミナス音楽を特集しました。「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ、その現代性と肥沃さを聴く」その特集の続編として、今回はその主人公たちに直接、新旧の名作について聞くことができました。

 一人一人がとても丁寧に回答を送ってくれました。彼らの音楽形成において重要なクルビ・ダ・エスキーナの影響と、影響しあう、新世代アーティストたちの関係性がより鮮明に見える、充実の内容になりました。ぜひ紹介された音楽とともにお楽しみください。(編集部)

◆ALEXANDRE ANDRÉS

画像1

Nenene | Gustavo Amaral (Gustavito)

 Gustavito の一番新しいアルバム『Universo Reflexo』に入っていて、歌手でギタリストのThiago Brazとの共作です。アルバム全体が美しく、聴く価値ありです! とても濃いエネルギーを感じる、人生がもたらすいいことを思い出させてくれる曲。歌詞はなくて、ヴォーカルとギターだけですが、いろんなメッセージが詰まっているようです。録音エンジニアである Rafael Dutraの技も光ります。特にこの曲のギターとヴォーカルのミックス、リバーブやディレイなどがいいなぁと思います。Gustavo Amaral (Gustavito) の音楽をまだ知らない人にはぜひ聴いてみてほしいです。彼はこれまでに3枚のアルバムを出しています。

この続きをみるには

この続き: 6,148文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)