[2018.12]〈最新ライヴレポート〉ヴィラ=ロボスとピシンギーニャとジョビンを包括する 音楽的宇宙をつくりだすエグベルト・ジスモンチ クアルテートでブラジル音楽探求を行なった公演
見出し画像

[2018.12]〈最新ライヴレポート〉ヴィラ=ロボスとピシンギーニャとジョビンを包括する 音楽的宇宙をつくりだすエグベルト・ジスモンチ クアルテートでブラジル音楽探求を行なった公演

文●ヂエゴ・ムニス

text by Diego Muniz

 11月、チケットが発売後すぐ完売したサンパウロ2日間の公演で、エグベルト・ジスモンチは新しいクアルテートのお披露目をした。テアトロ・セスキ・ベレンジーニョは、エグベルトのギターとピアノと、グラジイ・ヴィルチのヴォーカル、ハファエル・マルチニのアコーディオン、そしてフェリピ・ジョゼーのチェロとの共演の場となった。

 ジスモンチは「Mestiço Caboclo」そして「 Dança das Cabeças」のギターソロから公演をスタートした。ともに自身の作品で、公演の最初を2016年に他界した長きにわたりパートナーで、通算365公演以上を共演した、ナナー・ヴァスコンセロスに捧げ、ライヴ中のMCで何度もその思い出話を語った。

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,244文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)