見出し画像

[2019.02]すべての生の「しるべ」として〜 七尾旅人『Stray Dogs』によせて

文●安東嵩史 text by TAKAFUMI ANDO

 時代が作らせる音楽、というものがある。

 声高にメッセージを叫ぶようなタイプの曲だけではなく、その時代時代の状況や出来事に感応して、またはその少し先の時代の気配を鋭敏に察知して、音楽家は音楽家のみがなしうる話法で、彼らに見えている世界を作品に変換する。それは彼らの自由意志で作っているものであっても、完全に世界から独立したものというわけではなく、常に彼らを取り巻く状況の写し鏡だ。そこに映る景色が入り組んでいるほど、その作品は時に、音楽家自身にとっても手に負えないほど複雑になっていく。

 七尾旅人という人もまた、そうやって音楽を作ってきた。

 メガヒット時代の余韻と世紀末の投げやりな享楽にキリキリと内省を突き立てた1999年のデビューEP『オモヒデ オーヴァードライヴ』。同時代を生きるもののあらゆる喜怒哀楽を混沌のうちに放った『雨に撃たえば…! disc2』。アコースティックからポストロック、エレクトロニカまで幅広い音楽性と優しき詩情を提示しながら、新世紀を迎えても何ひとつわかり合うことのできない人間の性をも描いた2枚組『ヘヴンリィ・パンク:アダージョ』。その切実さをさらにパーソナルな音像のなかに結晶させた『ひきがたり・ものがたりvol.1 蜂雀(ハミングバード)』を経て、七尾は2007年、9.11から50年後の世界を舞台にあらゆる悲劇を経てなお争いを繰り返す人の歴史を壮大なスケールで、そして今思えば予言のように描いた3枚組『911FANTASIA』を発表する。

 続く2009年の『Billion Voices』は10年以上続けてきた音楽の旅が幸福な形で結実した多声的なアルバムであり、不安や不穏さをはらみながらも続いていく世の中と、自らの家族の来し方や未来という、大きな時代のムードに決して回収されてはならないミクロの生をすべての人のものとして切実に描いた作品でもあった。

この続きをみるには

この続き: 2,872文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年2月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年2月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。