[2020.11]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ④】アンガウル島から消えたサウンドスケープ ―リン鉱石採掘場での異文化接触と行進踊りの拡散―
見出し画像

[2020.11]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ④】アンガウル島から消えたサウンドスケープ ―リン鉱石採掘場での異文化接触と行進踊りの拡散―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)

 本連載のキーワード「サウンドスケープ」は、カナダ人作曲家M.シェーファー(1933〜)による造語で、「音の風景」を意味します。「春はあけぼの…」で始まる清少納言の『枕草子』に、「秋は夕暮れ…日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず」と、自然の音を愛でる一節がありますよね。古くから音を愛でる文化が育まれた日本だからこそ、1980年代半ば以降、サウンドスケープの考え方が受け入れられたのでしょう。

 1960年代北米のエコロジー運動を背景に成立したサウンドスケープ論の根底には、西洋近代科学への批判があります。サウンドスケープは、「個人や共同体の知覚や理解を強調した音環境」と定義され、客観的に測定できない「記憶の音」を含むものとされます。それは個人の身体に生き続け、何かの拍子にフラッシュバックすることもあります。10月号でご紹介した「ワステローン」は、サイパン島のレファルワシュRefaluwasch(通称カロリニアンCarolinian)による踊りの号令ですが、永山幸栄さんの夢の中で70年以上経ってから蘇ったサウンドスケープでした。戦前、北マリアナ諸島で過ごした多くの人々が、勇壮な踊りの音を記憶に留めたのです。

 ところが、レファルワシュ自身も「ワステローン」あるいは「ファスタロン」と発音する、この言葉の意味を知りません―実は、西洋の軍事訓練の号令が訛ったものだったのです。踊りのジャンル名・マース maasの語源も、ドイツ語の Marschかと思われます。と言っても、彼らが軍隊に駆り出されたわけではなく、その原型は20世紀初頭までにマーシャル諸島周辺で形成されました。伝統的な踊りが宗教的・政治的理由から禁止されても、西洋近代を象徴するマースは「娯楽的な踊り」として、事あるごとに上演されました。なお、「レープ、ライッ」の号令から、マースをレープと呼ぶ島もあるので、私はこれらを総称して行進踊りと呼んでいます。

この続きをみるには

この続き: 2,280文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

このマガジンにはラティーナ2020年11月に新規にアップした記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)