見出し画像

[2018.02]ルイス・アルベルト・スピネッタ─音楽と詩

文●ニカンデル・ミッコネン

監修●宇戸裕紀

 自らを形容することを凡庸といって避けたが、ルイス・アルベルト・スピネッタは「詩的(ポエティック)なミュージシャン」としてアルゼンチンロックに詩の力を注入し、独自の世界を築いた。2012年に62歳の若さで亡くなりながらもその詩と音楽から影響を受けていないアルゼンチンのアーティストはいないといっても過言ではない。日本ではメロディーや音楽の独創性が注目されているが、スピネッタに言わせれば、音楽と詩は陰と陽のように補完し、お互いに欠かすことができない存在。スピネッタの詩を知るうえで特に重要な70年代中頃~80年代前半の初期の作品をピックアップし、いくつかのキーワードや、政治・時代的コンテクストをもとに紐解いていく。

画像8

Photo By Eduardo Martí

この続きをみるには

この続き: 3,321文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)