見出し画像

特集:音楽とラジオとエッセイと 〜弱さの力

文●齋藤 徹

 この3年間ドイツで友人ダンサー・振付家のジャン・サスポータスさんと一緒に「私の城」というタンツテアター(ダンス演劇)を上演しています。音楽は生演奏、私は作曲・コントラバスを担当。ブッパタールにある自閉症施設の40周年記念に、自閉症を世に知らしめ、何かを考えるきっかけにできたら、というプロジェクトです。

 施設入居者・スタッフとの密なインタビューからはじまり、仰天することばかり。丁寧にリハーサルをつみあげ、今年は再々演でした。日独合作で、ピナ・バウシュ舞踊団系ダンサー、ドイツ人ミュージシャン2人、日本から本誌でおなじみ喜多直毅(バイオリン)他ダンサー2人が参加。

 リハーサルのストレスからか当地で入院という事態を乗り越え、初演を好評で終え、翌年、再演。私に癌が発覚。抗がん剤治療の合間を縫って渡独、再演を果たしました。

 その時、初演時と全く違う素晴らしい舞台になりました。出演者・スタッフ共に私の病を知っています。初演時あんなに揉めた事など嘘のよう。要求し、答える、答えない、ではどうする? という関係性とは全く違います。

 それは、まるで空っぽの器に、暖かなものが皆から滔々と注がれているような感じです。そして、その暖かなものは、その人の「自己表現」ではなく、その人さえも気づかない「ほんとうのなにものか」なのでした。初演とは次元の違うものになり、広く・大きく・見晴らしのよいものになりました。

 音楽は出した音だけではなく、出さなかった音を含めて音なのかもしれません。やったことだけでなくやらなかったことを含めてはじめてその人になる。私の病という「弱さ」がこの豊かな状況を導いたのかもしれないと考え始めました。「足りない」くらいの方が良い。

 とかく世の中は、効果を求め、競い合い、強弱が問われています。音楽も同じようです。しかし、音楽にはそれと全く違う力「弱さの力」を発揮できるのではないかと思いました。そしてそれこそいま必要なものではないか。

 ダウン症のダンサー矢萩竜太郎さん、聾の役者・演出家・ダンサーの庄﨑隆志さんと長く共演を続けています。その時々に感じる得体の知れないチカラとも共通するように思います。

 新しくなくても、最先端でなくても、受けなくても、「売れて」なくてもかまわない。どころか、そういう所以外にこそ音楽の大きな役目があるように思い始めました。音楽は強さを競うものではないでしょう。「音楽への憎しみ」を書いたパスカル・キニャールは「めぐり逢う朝」の中で音楽の役割として「神のものでも、耳のものでも、沈黙のためでも、愛のためでもなく、死者への贈り物、言葉なき者達へのささやかな慰め、靴屋の槌の音を和らげるものに」と書きました。

 

 私はなんとか生き延び闘病が続いています。病院への往き帰り車の窓から景色や人々を眺めます。汗をふきふき急ぐ人、小走りに人をかき分ける人、彼らにとっては日常の一コマに過ぎないでしょうが、それができない身にとってみれば、まぶしいのです。じ~んときてしまうのです。

 音楽家、美術家、ダンサー、役者、詩人、アスリート達は「奇跡的」な行為をしているのです。彼らの勝手な「自己表現」などではないのです。できない側から見れば、奇跡的な人類「代表」なのです。いや、ダンサーやミュージシャンでなくてもすべての人が、健常であろうと、障がいがあろうと、病があろうと、鬱でも、放射能に汚染されていても、1人1人が人類の代表で、日常生活はすべて奇跡です。

 

この続きをみるには

この続き: 851文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年10月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年10月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。