見出し画像

[2017.05]チカーノ・バットマン〜バルド・マルティネス・インタビュー

我々は音楽を通して人々に蘇る過去のような存在だ。同時にチカーノであるということの意味も変えつつある。

文●安田謙一

 絶対に無視することが出来ないバンド名があるとしたら、私にとってはチカーノ・バットマンを越えるものはない。その名に惹かれて聴いてみた2010年のファースト・アルバムはその期待を一ミリも裏切ることがなかった。13年の来日公演もまた然り。

画像2

▲CHICANO BATMAN『FREEDOM IS FREE』(2017)

 昨年末に届いたベース&ヴォーカルのエドゥアルド・アレーナスのソロ・アルバム『ナリース』もバンドのオルタナティヴなラテン・ミュージックの魅力をさらに深く突き詰めた傑作だった。立て続けに発表されたチカーノ・バットマンの3作目『フリーダム・イズ・フリー』(自由とは金で手に入れるものではない、と訳したい)は、これまでのバンドの個性に加えて、力強さと普遍性を身につけたアルバムで、聴いているうちに70年代初頭のロック名盤と対峙しているような気分になった。ちなみに、今作でははじめて外部からのプロデューサー(レオン・マイケルズ)を迎えている。

 メキシコ出身の父と、コロンビアのカルタヘナ出身の母を持つ、ロサンゼルス在住のヴォーカリスト、バルド・マルティネスにアルバムについていくつか質問をしてみた。

—— これまでの作品以上にあなたのヴォーカルを中心とした「うた」を前面に打ち出しているような印象を持ちました。

この続きをみるには

この続き: 2,594文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。