[2019.04]カステーロ・ブランコ ストーリー
見出し画像

[2019.04]カステーロ・ブランコ ストーリー

文●花田勝暁 text by KATSUAKI HANADA

 ぜひ、日本の音楽好きの人に広く知って欲しいブラジルの若いシンガーソングライターがいる。名前は、カステーロ・ブランコ。心を揺さぶる芯の強い名曲を紡ぐ才能を持つ彼は、思慮深く文学的・哲学的で、メディアに出てスターになるタイプではないが、その歌で静かにブラジルの多くの音楽好きを魅了している。

 同世代のブラジルの才能として、シルヴァ、チン・ベルナルデスやフーベルが注目されているが、ぜひ、カステーロ・ブランコにも注目して欲しい。ブラジル以外にシンガーソングライターを引き合いに出すなら、ホセ・ゴンザレスやスフィアン・スティーヴンスが好きな人たちにも届いて欲しいと思っている。

 リオデジャネイロ出身のカステーロだが、少し変わった生い立ちをしている。今回は、彼のバイオグラフィーを通じて、希代の才能を持つカステーロ・ブランコについて知って欲しいと思う。

画像4

この続きをみるには

この続き: 2,227文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)