見出し画像

[2011.06]GLAUBER ROCHA BEST SELECTION トロピカリア・ムーヴメントの一翼を担ったシネマ・ノーヴォの旗手 グラウベル・ローシャの5作品が日本公開

文●中原 仁
texto por JIN NAKAHARA

 本稿は、月刊ラティーナ2011年6月号に掲載されたものです。中原 仁さんのご協力により、e-magazine LATINAに転載致します。中原 仁さん、ありがとうございます。

画像1

 ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス(1928〜)、ジョアキン・ペドロ・デ・アンドラーデ(1932〜88)と共に、〝シネマ・ノーヴォ〟と呼ばれるブラジルのニューシネマを牽引した映画監督、グラウベル・ローシャ(1938〜81)。没後30年を記念した「グラウベル・ローシャ・ベスト・セレクション」が、6月18日から東京のユーロスペースで上映される。

 シネマ・ノーヴォのオピニオン・リーダーもつとめたグラウベル・ローシャの映像は、大胆かつ強引な力技と独得の美意識に貫かれ、動と静のダイナミズムが見る者を挑発する。そして作品の根幹には揺るぎないブラジリダーヂがある。彼の映画は同郷のカエターノ・ヴェローゾに影響を与え、トロピカリアのムーヴメントの一翼を担った。その部分も盛りこみながら彼の生涯を振り返っていこう。

▼ 

 グラウベル・ローシャは1938年3月、バイーア州南部の内陸の町、ヴィトーリア・ダ・コンキスタで生まれた。10代で州都サルヴァドールの学校に進み、演劇サークルの活動を経て映画に目覚める。57年にリオを訪れてネルソン・ペレイラ・ドス・サントスの『リオ、ゾナ・ノルチ』の撮影を見学。サルヴァドールの大学に在学中の59年、監督としての処女作となる短編映画『中庭』を制作。また、サルヴァドールとリオの新聞の文化欄に映画評論を書き始めた。

この続きをみるには

この続き: 5,720文字 / 画像15枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)