見出し画像

[2018.06]特集:ぼくらの音楽 国府達矢〜ギターが生み出す光の躍動

文●高橋健太郎 text by KENTARO TAKAHASHI

 国府達矢の『ロックブッダ』は爽快な驚きに満ちたアルバムだ。彼にとっては、何と15年ぶりのアルバム・リリース。作品自体は2005、6年には曲が出揃い、録音は2010年には終わっていたという。だが、その後にミックスを何度もやりなおし、ようやく最終形に辿り着いたのが2018年だったそうだ。そこまで潜航期間が長いと浦島太郎状態にもなりそうなものだが、サウンドに時代感のズレはないどころか、未だかつて聴いたことのないフレッシュな響きがこぼれ出す。2018年に登場した日本の音楽の中でも、突出したエポックとなる一枚なのは間違いない。

 「2003年に『ロック転生』というアルバムを出した後に、もう早さで勝負するのはやめようと思ったんですよ。早く世に出すことよりも、重くて普遍的なものをどんと作りたいと。そのためには良い音で、音源聞いてもらって一発で伝わるもの作らないと思った。15年という時間はもうよく分からない。でも、(この作品は)2011年に出してた方が不安でしたね。当時はまだこんなカオス的なものをポップスとして捉える懐や咀嚼力や必要性みたいなものが聴き手にも時代にもないように感じていましたが、今はもう普通に混沌が共有されている時代になっているから、この音楽がポップに響く可能性も高まっていると思う」

この続きをみるには

この続き: 2,277文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。