見出し画像

[2019.01]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第12回 古きトルトーニ Viejo Tortoni

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

タンゴの歌詞に出てくる地名や場所はほとんどの場合実在のものが多い。  しかしその多くは失われた後、追憶の中で語られることがほとんど。        このタンゴは数少ない、発表当時も今も現存するカフェへのオマージュだ。

スクリーンショット 2020-07-01 18.58.18

 この曲の作詞者はエクトル・ネグロ。一般のタンゴ・ファンにはあまりなじみ深い名前ではないかもしれないが、その作品は本国で高く評価されている。1934年ブエノスアイレス生まれで、子供の頃からムルガ(カーニバルの音楽隊)の歌詞を書いたりしていたらしい。20歳の時最初のタンゴ作品「我らのストリート」(Calle nuestra)を発表。以後詩集を20冊近く出版、一方で1981年から2000年までジャーナリストとして新聞「クラリン」のタンゴ欄を担当してもきた。作詞で広く世に知られた最初の作品は、最も多くの曲をともに作ってきたギタリスト、オスバルド・アベーナとの「この街」(Esta ciudad)で、1967年のコンクールで見事最優秀をとった作品だ。同年にはアルトゥーロ・ペノンの曲に詞を付けた「ビエン・デ・アバホ」(1967年)、さらにこの前後に「もう一匹の狼」(Un lobo más)、「灰色の男に捧げる冥福の祈り」(Responso para un hombre gris)、「新世界」(Un mundo nuevo) など現代らしいテーマをもった作品を次々と世に送り出す。その後はフォルクローレの作品などにもよいものを作っているが、タンゴ作品のヒットは少しブランクがあり、1979年にラウル・ガレーロの曲を得て発表した「市電の時代」(Tiempo de tranvías)がヒット、それに続き同年11月に初演されたのが「古きトルトーニ」だった。

詩を朗読するエクトル・ネグロ

詩を朗読する、エクトル・ネグロ

 この「古きトルトーニ」が特別なのは、現代タンゴ屈指の詩人エクトル・ネグロと、タンゴ史屈指の女流作家エラディア・ブラスケスの作曲によるものだからだ。エラディア・ブラスケスは1931年ブエノスアイレス生まれ、子供時代から天才少女歌手(当時のレパートリーはスペインのコプラやキューバもの)として知られていたが、1960年代からモダンなフォルクローレやバラードを発表して注目を集め、1970年に歌手として自作のタンゴばかりを集めたアルバムを発表、以後現代のブエノスアイレスを映し出したタンゴの傑作を多数発表し始める。多くは作詞・作曲ともにエラディア・ブラスケスによるものだが、他の作詞家・作曲家とのコラボレーションもわずかにあり、本作品はおそらくエクトル・ネグロとエラディア・ブラスケスの唯一のコラボレーションと思われる。

1980年代のエラディア・ブラスケス

1980年代のエラディア・ブラスケス

 この曲はまずスサーナ・リナルディの歌によって初演、1980年の名盤「ラ・プラタの女王」(La reina de la Plata)に収録(伴奏はフリアン・プラサ)、その後同年エラディアの自作自演がアルバム「ガライよ、もしおまえが見ていたなら」(Si te viera Garay...) に収録、ルベン・フアレスも1980年のアルバム「コンベンセルノス」(Convencernos)で取りあげた。

 舞台となったカフェ・トルトーニは1858年から営業しているブエノスアイレス有数の老舗カフェ。歌詞の中に出てくるが、ベニート・キンケラ・マルティン(画家)、フアン・デ・ディオス・フィリベルト(作曲家)、アルフォンシーナ・ストルニィ(詩人)、バルドメロ・フェルナンデス・モレーノ(詩人)、ホルヘ・ルイス・ボルヘス(作家)、フアナ・デ・イバルブル(作家)、フロレンシオ・モリーナ・カンポス(画家)、アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアニスト)、フェデリコ・ガルシア・ロルカ(作家)、ゴンサレス・トゥニョン(詩人)など内外の著名な文化人が集ったことでも知られ、タンゴの神様カルロス・ガルデルも2回このカフェで歌ったのだそうだ。

この続きをみるには

この続き: 651文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年1月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年1月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。