見出し画像

[2019.07]『アマンダと僕』にみる、子供から学ぶ生命力

文●立田敦子 text by ATSUKO TATEDA

 第75回ヴェネチア国際映画祭「オリゾンティ部門」でマジック・ラタン賞、第31回東京国際映画祭で東京ブランプリ、最優秀脚本賞をW受賞するなど脚光を浴びた映画『アマンダと僕』。シングルマザーの姉の突然の死により、7歳の姪アマンダの面倒をみることになった独身青年ダヴィッドの、再生までの旅路を描いた感動のヒューマン・ドラマだ。

 長編第3作にして、繊細でかつ力強い物語を紡ぎ出したフランスの気鋭ミカエル・アース監督に話を聞いた。

監督写真

ミカエル・アース監督

── この物語の投入部でも悲惨なテロ事件が描かれますが、2015年にフランスで起こった同時多発テロは、あなたにどんな与えた影響を与えたのでしょうか?

ミカエル・アース この映画は、〝テロの後〟を描いた物語です。2015年の同時多発テロは、確かにこの脚本を書くきっかけのひとつとなりました。私自身にとっても、パリはよく知っている場所なので、(テロは)とてもショックでした。あのような暴力的な悲劇があったという名残は、いまでもパリの人々の中にあります。少しづつ薄れてきてはいるものの、人々の記憶には強く刻まれてしまっているのです。テロの前と後では、パリも変わってしまったと思います。軍人があらゆるところにいたりとか、公園など公共の場の使い方とか、歩道のような場所はテロから守ることができるのか、とか、いろいろな議論が起こりました。町自体が変わってしまったといってもいいでしょう。

この続きをみるには

この続き: 1,688文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年7月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年7月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2019年7月号
ラティーナ|2019年7月号
  • 26本
  • ¥950

ラティーナ2019年7月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。