見出し画像

[2017.04]連載 小松亮太のタンゴ場外乱闘 #10 バンドネオンは罪作り

文●小松亮太 text by RYOTA KOMATSU

 だからといってタンゴは安泰だと言う気は微塵もないけれど、とにかく日本ほどドラマや映画のサウンドトラックで、あるいはゲーム音楽で、バンドネオンの音色が頻繁に聞かれている国もないだろう。その演奏のほとんどが多少なりとも僕が昔に教えたことがある人たちによるものであることを誇りに思う。このマイナー楽器がやっと普遍的な土俵で活躍できるに至った道程には勿論アストル・ピアソラが大きく寄与しているが、「なるほどバンドネオンにはアコーディオンとは違う独自の凄さがあるのだな」という認識が、特に他ジャンルの作曲家たちに浸透したのは若い奏者たちの努力と才能の賜物だ。

 ツイッター等を見ていると、バンドネオン=ボタン式アコーディオンと早合点する人が急増しているが、まあ名称を憶えてもらえただけでも20年前とは隔世の感があるというべきか。それはともかく「バンドネオンをやってみたくて値段を調べたけど死ぬほど高くてマジ最悪」という主旨のツイートがあまりに多いことに驚く。確かにエレキギターのように数万円の廉価品は無いだろうが、ある程度の品質の弦楽器や管楽器に数十万円の値がついていることなど珍しくもないではないか。要するにアカデミックな敷居の高さのないエスニックな、ムードありきの民族楽器、という先入観がそうさせるのだろう。

この続きをみるには

この続き: 1,940文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2017年4月号
ラティーナ|2017年4月号
  • 21本
  • ¥950

ラティーナ2017年4月号のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。