見出し画像

[2017.04]連載 Loquincha de la bañadera #3 ウルグアイムルガ 2017年 オフィシャルコンクール レビュー(前編)

文と写真●p_k_

 コンクール序盤の順延に次ぐ順延により、一時はカーニバルが終わるのは4月あるいは来年とまで囁かれたが、その後は雨も少なく夜まで暑さが残る日々が続き、3月3日に決勝ラウンドが終了した。同日深夜に審査員による順位も発表されている。その中からプログラムの一部を紹介したい。

画像1

Curtidores de Hongos

 殆どのメンバーが入れ替わったクルティドーレス・デ・オンゴス。創設者であり責任監督でもあるラウル"フラコ"カストロの緊急入院によりファルタ・イ・レストが出演困難となり、そこから若き数人のメンバーが加わっている。スルド・べッシオの歌声は勿論のこと、クプレテロ(クプレの進行役)として様々なプログラムでサプライズを残した老人役アルビノ・アルミロンの圧巻のソロは見ものだ。終盤で心を閉ざしかけたニートに語りかける。日本でも物流会社等で使われる木製のパレット(商品搬送の土台)をベースにしたコンクールでの大掛かりな舞台道具は、照明と共に幻想的な空間を演出している。

 クラヴェはマルドナード市北部、人口3万人足らずのサン・カルロスを拠点とする。小さな街ながらもレベルの高い多くのムルガを擁し、観客の家族とファンで盛り上がる地方コンクール会場を持つ。その一方、建設中の米大統領のトランプタワーを抱える南部のプンタ・デル・エステのような観光としての見所は決して多くはない。そんな街の様子を語る自虐気味なラプラタ式ダジャレの交えた滑稽なサン・カルロス賛歌は、ウルグアイ事情を知る人なら笑いをこらえずにいられない内容である。「到着した時人々は言う「ここで何すりゃいいの?」/我らの地サン・カルロス/要はオレンジと温泉のないサルト、アルファフォールもそんなに女子もいないミナス、ビーチも君のところに集まるブエノスっ子もいないプンタ…」バス会社CMパロディのやりとりの後繰り返される"Ah, tas loco" — あんたおかしいよ — は流行語として定着しつつある。

この続きをみるには

この続き: 1,178文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。