見出し画像

[2018.12]ジスモンチは“クラシック音楽”にも、なりうるか?

文●小室敬幸

text by TAKAYUKI KOMURO

 ソ連出身のヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルが『ピアソラへのオマージュ』というディスクを出したのは1996年のこと。翌年にはチェリストのヨーヨー・マも同様のアルバムを発表。それがウイスキーのCMに使われ、日本で一躍知られるようになったことをご記憶の方も多いだろう。それから30年ちょっと経った。今やピアソラ(1921〜92)はクラシック音楽に関わる人であれば知らぬものはいない作曲家となり、(演奏する音符がすべて楽譜上で確定されてなければ何も弾けない)クラシックの奏者でも普通に演奏するレパートリーとなった。つまりピアソラは「クラシック音楽」にもなったのだ。

画像1

イラスト: Leonora Weissmann

この続きをみるには

この続き: 2,167文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年12月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。