見出し画像

[2018.02]【連載】タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 第1回 エル・チョクロ

文●西村秀人 text by HIDETO NISHIMURA

1回目はアルゼンチン・タンゴの古典中の古典、「エル・チョクロ」である。1903年11月3日、レストラン「アメリカーノ」でホセ・ルイス・ロンカージョのオーケストラが初演したというから、もう114年も経過していることになる。初演時この曲には歌詞がなかったはずだ。タイトルの意味は「木靴」だとか人のあだ名だとか諸説あったが、初版楽譜(1905年)の表紙の通り、作者アンヘル・ビジョルドが好んだという「とうもろこし」そのものだろう。初版出版の頃に作者自身が歌詞を作り、1910年代前半に作者本人の歌った録音が残されている。


スクリーンショット 2020-07-02 15.46.13

古い録音の状態もあって、今聞いてもよくわからない表現も多いのだが、トウモロコシをたたえる部分と、自分の自慢や境遇を嘆く部分が交互に出てくる不思議なスタイルをとりつつ、最後はウミータ(トウモロコシのクリーム)のおいしさをたたえて終わっている。もともとビジョルドは即興歌を得意としていたので、この歌詞もたぶんに即興的なものなのかもしれない。ビジョルドは極貧のうちに1919年に世を去ったという。

画像2

Angel Villoldo El Chocloの楽譜

1930年、作者の妹であるイレーネ・ビジョルドの依頼を受けて、歌手・作詞家のフアン・カルロス・マランビオ・カタンが新しい歌詞をつけた。マランビオ・カタンはこの他にも名曲「アクアフォルテ」、フリオ・デ・カロ作「ブエン・アミーゴ」の作詞者でもある。

スクリーンショット 2020-07-02 15.46.20

この続きをみるには

この続き: 1,885文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)