見出し画像

[2019.03]ミロンゲーロス 〜ブエノスアイレス 黄金のリズム 映画〜老ミロンゲーロたちの貴重な証言 監督インタビュー

文●本田 健治

text by Kenji Honda

「ミロンゲーロなんてもういないよ。いなくなりつつあるんだよ。」というビクトル・ロメロの言葉と共にこの映画は始まる。続いて「今、技術的にはよくなっているよ…それは認めないと…間違いなくね。でもテクニックばかりが先行して心が欠けているね」というルイス・ビルトゥアーニの言葉…。

 本誌先月号で天野さんが紹介した映画「ミロンゲーロス」。この映画についてはいろんな意見を聞いてきた。しかし、基本的にはあのアルゼンチンで、このテーマでよくここまで映画としてまとめたものだ、と思う。今回、大阪のフェスティバルホールで2人の制作者に会えたのでお話を聞いてみた。

 この映画は、言って見ればタンゴ版『ブエナビスタ・ソシアル・クラブ』だろう。しかし、プロが作った映画ではなく、タンゴを愛した日本の、関西の、一人のタンゴ・ダンスを愛した女性、福田利加女史が発案し、老ミロンゲーロたちに愛されたアルゼンチンのホセ・ルイスと仲間たちが協力して作り上げた貴重な証言集である。

 その昔、エドゥアルド・アルキンバウは、あの「タンゴ・アルヘンティーノ」をはじめ多くの世界的タンゴ・ショーの振付に関わり、自らも出演して忙しかった頃、何度も夜中にミロンガに連れて行かれ、いつもこう聞かされた。

「タンゴ・ショーを作り上げるときに忘れてはならないのが、昔からのタンゴのエッセンス。大仰な振付も必要だが、昔からあるミロンゲーロたちの誇りを忘れると、タンゴではなくなる。」

この続きをみるには

この続き: 3,854文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年3月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年3月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。