見出し画像

タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 連載第27回 バンドネオンと私(ミ・バンドネオン・イ・ジョ)

1964年に歌手フリオ・ソーサが不慮の自動車事故によって人気絶頂で世を去った時、タンゴ界は若い世代をひきつけるリ-ダー的存在を失ってしまった。しかしその5年後、タンゴの新世代を代表できる「時代の声」が登場した。これはそのルベン・フアレスの1969年のヒット曲である。

この続きをみるには

この続き: 2,236文字 / 画像5枚

タンゴのうた 詩から見るタンゴの世界 連載第27回 バンドネオンと私(ミ・バンドネオン・イ・ジョ)

e-magazine ラティーナ (8月6日 サービス開始予定)

200円

テスト中です。正式オープンは8月6日を予定しています。各記事に値段はつけていますが、定期購読マガジンとして購読していただくと、全ての記事が読めるようになる予定です。

こちらでもピックアップされています

ラティーナ|2020年4月号
ラティーナ|2020年4月号
  • 22本

ラティーナ 2020年4月号(通巻794号)のアーカイブです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。