見出し画像

[2018.06]島々百景 #28 シンガポール

文と写真:宮沢和史

画像1

ディック・リー(左)と宮沢和史

 行ってみるまで、シンガポールが島であることを実は知らなかった。1992年にシンガポールを代表するファッションデザイナーであり、シンガーソングライターであるディック・リーが自身で原作、脚本を書き作詞作曲と、さらに主演まで務めたオペレッタ『ナガランド』に出演することになり、稽古とシンガポール公演での滞在を含め、およそ2ヶ月間シンガポールに滞在した。オペレッタとは芝居と踊りをオーケストラバンドを従えて演じられる歌劇のことで、ざっくり言ってしまえばミュージカル。日本語では喜歌劇と言うそうだ。シンガポール、マレーシア、香港から役者やダンサーが集結し、日本からは宮沢が合流した。

シンガポールmap

 1989年、THE BOOMとしてプロデビューし、2年間で3枚のフルアルバムを発表し、その間、何本ものコンサートや学園祭、ロックイベントをこなしていた。3枚目のアルバム『JAPANESKA』を制作中に沖縄に初上陸し、その後どっぷりと沖縄の洗礼を受け、4枚目の『思春期』で「島唄」を発表する。そのアルバムのツアーを経て、僕は心身ともにすっかり疲弊してしまった。念願のプロデビューを果たしてわずか3年しか経っていないのにだ。音楽に疲れたわけじゃない。バンド活動に煮詰まってしまった。コンサートの合間に取材を受け、ラジオやテレビ局を回り、アルバムの制作では1~2ヶ月スタジオに通い、空いた時間は曲作りと雑誌の連載の原稿を書いていた。それでも、わずかな時間の隙間に飲みに行ったりコンサートを見に行ったりしていたわけだから、今思えば信じられないバイタリティー……。若かったから時間を濃密に使えた、というのが一番の理由だろうが、PCと携帯電話がなかったのが大きかったんだと思う。今現在PCと向き合うことに費やしている時間を、外で社交に使えた時代だった。

この続きをみるには

この続き: 2,906文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2018年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2018年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。