見出し画像

[2019.12]ジョアン・ジルベルトの財産問題 ~法的係争とファミリーの内紛~

文●岸和田 仁

text by HITOSHI KISHIWADA

ジョアン・ジルベルトのファミリー関係

 ジョアンの結婚(&離婚)は3回(見方によっては4回)なので、まずはジョアンの家族関係をおさえておこう。

 最初の夫人は、言うまでもなく、『イパネマの娘』の歌姫となったアストラッド・ジルベルト。ボサノヴァの米国における大ヒットを共同演出したテナー・サキソフォン奏者スタン・ゲッツと〝秘められた恋〟を交わすことになって、彼女との結婚生活は1959年から1964年までの5年間で終止符を打たれる。この時生まれたのが長男ジョアン・マルセロ(1960年生まれ)で、彼は現在米国ニュージャージーに居住する音楽プロデューサーだ。

画像1

左から、ミウシャ、ジョアン、シコ・ブアルキ ©Chico Buarque

 二度目の夫人がミウシャ(シコ・ブアルキの姉)で彼女との結婚期間は1965年から1971年まで。この時の愛の結晶が、ベベウ・ジルベルト(1966年生まれ)だ。

 ミウシャの次に登場するのが、モザンビーク出身のマリア・ド・セウ・ハリス。1984年、当時20歳だったマリアは、リスボン公演の場でジョアンと知り合い、たちまち恋に陥り、本人の証言によれば、「ジョアンに呼ばれ、リオに住むようにいわれたので、1984年以来彼のパートナーである」とのことだが、同居ではなく、レブロンの賃貸アパート(ジョアンが保証人)に住んでいた。いわば「通い婚」だったため、メディアは「元恋人」と称している。

 最後に登場する「三番目の夫人」(見方によっては四番目だが)が、クラウディア・ファイソル。ジャーナリストの彼女が21世紀に入ってから、ジョアンと同居するようになり、家計のやりくりから銀行との交渉も彼女が担当していた。末娘のルイーザ・カロリーナ(2004年生まれ)の母親だ。

この続きをみるには

この続き: 1,521文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)