見出し画像

島々百景 #22 西表島

文と写真:宮沢和史

画像1


 崎山ゆ新村ゆ 立てぃだす サーユイユイ ショウラヨーイーヌハリユバナヲレ
  (崎山の新村を建てたのは)
なゆぬゆん いきゃぬつぃにゃんどう立てぃだね
  (どうして、いかなる理由で建てたのか)
野浜ぶつぃ兼久地ぬゆやんどう 
  (野浜という良港と、兼久地の肥沃な土地があったからである)
『崎山ユンタ』
対訳:仲宗根幸市

 沖縄県八重山地方に浮かぶ西表島というと熱帯雨林気候の自然豊かな島で、カヤックやシュノーケリング、スキューバなどのアウトドアスポーツが盛んな地というイメージを皆さんお持ちかと思う。昨今では「エコツアー」なんて言葉が聞こえて来る島のひとつでもあるのもご存知だろう。一方で水牛車でゆったりと渡る由布島を散策する文科系なツアーもここでは人気だ。飛行場はなく、アクセスは石垣島からはフェリーで所要時間40分程度を要する航路しかなく、海が荒れる季節には欠航となる事も少なくない。それでも、沖縄の他の島々に比べ大自然が多く残るこの島には都会では味わえない、沖縄本島でも味わえない、太古から刻まれるゆったりとした時間が流れ、それを求める多くの人々の来島は絶えない。僕も沖縄に通うようになった今から20年以上前に積極的に離島を回ってみようと石垣島や竹富島を経て西表島に初上陸した。フェリーから降りると荒々しい大自然に放り出された気分になって、冒険心たっぷりだった自分は全てから解放されたような、本当の自由を手に入れたような気に浸ったものだ。信号機が一台しかないことにも驚かされた。なんでも子供達の情操教育のためにそれほど必要性のないその信号機を建てたのだと聞いた。確か二度目の来島のとき、無人の砂浜に横たわっていたら遠くからひとりの人間が近づいてきて、お互い目があってびっくり! なんと中高と一緒の学校に通い、同じバンド、同じクラブ活動をしていた同級生だったのだ。「こんなことある?」誰もいない砂浜で大いに笑った。そんな不思議な思い出もこの島にある。

この続きをみるには

この続き: 2,560文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年12月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
3
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。