見出し画像

[2017.02]サラヴァ! 追悼 ピエール・バルー

文と写真●松山晋也
text & photos by SHINYA MATSUYAMA

 ピエール死去の第一報を関係者から受け取ったのは、年の瀬12月29日未明だった。パリは28日の夜8時頃。その数時間前の夕方5時頃に病院で静かに息を引きとったという。覚悟はしていた。というのも、その数日前に、心筋梗塞で病院に緊急搬送され、年を越すのは難しいという知らせを受けていたから。いや実は、予感はもっと前からあった。10月、数年ぶりに会ったピエールは、頬が少しこけ、見るからに衰弱していたから。いつ会っても全身にみなぎっていた生気が明らかに減少しており、足元もおぼつかない。もしかしたら、会うのはこれが最後になるのでは……という不安が心の片隅をよぎったのだった。

この続きをみるには

この続き: 2,254文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)