[2017.02]マヌエル・バレラ インタビュー
見出し画像

[2017.02]マヌエル・バレラ インタビュー

文●山本幸洋
text by TAKAHIRO YAMAMOTO

 本誌16年6月号の特集「2010年 代 の 世界の音楽~中南米・カリブ編~」内でラテン・ジャズを10枚のCDで総括したとき、6タイトルのリーダーに対し私は取材をした経験があった。リーダー作だけではなくメンバーとしての活動で目星をつけておいて、折々で取材の機会を窺うのだが、未取材のうちもっとも関心の高い一人がキューバ出身のピアニスト、マヌエル・バレラだった。そのマヌエルが16年10〜11月にトリオを率いて日本ツアーを行なった。05年2月にファースト・アルバム『Forma Nueva』を手にして以来、ずっとフォローしてきた若手(1980年ハバナ生まれ)の逸材だ。(16年11月2日、武蔵野スイングホールにて。協力オフィス・ズー)

画像1

この続きをみるには

この続き: 4,602文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)