見出し画像

[2018.12]ヤマンドゥ・コスタ 樋浦 靖晃 対談

文/写真●宮ヶ迫ナンシー理沙

text & photos by NANCI LISSA MIYAGASAKO

 10月から11月にかけて、メキシコとアメリカをまわったあと、昨年に続き来日ツアーを行ったブラジルの鬼才ギタリスト、ヤマンドゥ・コスタ。招聘をした樋浦靖晃さんもまた、ギタリストであり、「強固な世界観を構築した演奏家達を招聘し、日本人としてのアイデンティティに向き合う機会を提供したい」などの思いで、イーストエンドギターフェスティバルを主催し、毎年素晴らしいギタリストを招き、私たちが世界の音楽に直接触れる機会を提供してくれている。この二人は普段どんな会話を交わしているのだろうと興味が湧き、このたび、二人の会話を記録させていただくことができた。樋浦さんの自宅で、マテ茶を回し飲みしながら、非常にリラックスした雰囲気のなか、ヤマンドゥの哲学が語られた。

この続きをみるには

この続き: 4,582文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)