見出し画像

[2017.06]ことり対談|コトリンゴ×パウラ・トーレス

文●ラティーナ編集部

 デビュー10周年を迎えた昨年、アニメーション映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)で音楽を担当し、大きく飛翔するコトリンゴ。そして昨年ファーストアルバム『ミクロムンドス』をリリースし、本誌でインタビューが紹介されたパウラ・イ・ロス・パハロス(パウラと小鳥たち)のマリア・パウラ・トーレ。17年4月にサンティアゴ・タリコーネ(ギター&フルート)を伴って来日したパウラは、敬愛するコトリンゴとともにお互いのオリジナル各1曲とコトリンゴの書き下ろし1曲を録音する機会を得た。リリースや詳細は現時点では未定だが、アルゼンチンと日本、遠く離れた異国のふたりの「ことり」が融合しあった画期的な録音になったことは間違いない。録音の後、時間をいただいてふたりの音楽の意外な交差点に迫った。

画像1

レコーディングについて

—— パウラにとってはこの録音は長年の夢だったわけですが、お互いにとってこの録音はいかがでしたでしょうか。

パウラ・トーレ そうですね、敬愛するコトリンゴとの演奏はずっと夢見ていました。彼女が優しく、温かく迎えてくれたこともあって録音はリラックスして楽しめました。美しい録音になったと思います。

コトリンゴ パウラとともに、フルートを持って一緒に来てくれたサンティアゴ、お二人の人柄のおかげでとてもリラックスした楽しい雰囲気のなか、レコーディング出来たのではと思います!

画像2

この続きをみるには

この続き: 3,388文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)