[2018.07]カニサレス その英知とテクニックを多重録音で凝縮し フラメンコの新たな可能性を追求した新作 『洞窟の神話』
見出し画像

[2018.07]カニサレス その英知とテクニックを多重録音で凝縮し フラメンコの新たな可能性を追求した新作 『洞窟の神話』

文●松山晋也 text by SHINYA MATSUAYAM

 様々な角度から〝フラメンコとは何なのか〟を探求し続けてきたスペインの偉大なるギタリスト、カニサレス。ここ数年はもっぱら、ファリャやアルベニス、グラナドスといった母国のクラシック系作曲家たちの作品の録音を通して、フラメンコの本質と新しい可能性を探ってきたわけだが、最近出たニュー・アルバム『洞窟の神話』は、久しぶりにフラメンコに真正面から取り組んだ作品となった。とはいっても、そこに収められたオリジナル曲群は当然、近年のクラシック音楽研究の成果がしっかり結実したものとなっている。様々な点で、ヒターノたちが演奏する通常のフラメンコとは一味も二味も違うのだ。フラメンコの神髄を独自の視点で検証してきた男の、現時点での中間決算報告書と言っていいだろう。

この続きをみるには

この続き: 2,918文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)