見出し画像

[2019.11]THE PIANO ERA 2019 出演者インタビュー#6 高木正勝

文●編集部 text by LATINA

 世界中からピアニストが集う祭典ザ・ピアノエラにおいて1回目から出演を重ねる高木正勝。現在暮らす山での生活、そしてそこで活動を重ねることで浮かび上がってくる独特の音楽的詩情を語ってもらった。

── 秋が深まってきましたが現在お住まいの環境の季節の変化、そこから得られるものに関して教えていただけますでしょうか。

高木正勝 山間なので夏があっという間に終わって、ひんやりした日が続きます。ここでは一年のうち半年以上、ずっと寒いのだということにようやく気づきました。秋になって虫たちの合唱が毎日楽しいです。家の中にも紛れ込んだり。

── 『マージナリア』は計算された音楽とは違って、ライヴに近いような1回しか聴けないんじゃないかというはかなさを感じられる作品でした。 そこに自然と存在するものに縁をつけて切り取ったという意味もあるのでしょうか。

高木正勝 山で暮らしていると当たり前に気づくことですが、人間よりも他の生き物の方が圧倒的にそこここにいるのです。その事実に少しでも寄り添えれば、また違った世界を味わうことができます。

 『マージナリア』では、家の窓を開け放って、山の生き物たちと一緒に音を奏でた時間をそのまま記憶するようにしています。ひとつひとつ、生き物たちの歌はメロディーもリズムも違うのですが、全体でなにかしら音の調和を作り出そうとしているように思えます。その美しい世界のなかで、さらにピアノを弾くという行為は、時々失敗もしますが、時々は、自分が音を奏でたことで一緒に調和を生み出せたなと感じる時があります。ある季節のある時間を切り取って残せたようにも思いますが、なにより、お互いの間にある境界を曖昧にできたことに感動します。


── 日本語はオノマトペが非常に豊富な言語で、自然界の音に対して繊細な聴覚を持っている(少なくとも持っていた)と思います。現在お住まいの環境でその繊細さを認識することはありますか?

高木正勝 今、外では雨が降っていますが、雨の音を言葉に置き換えようとすると、ザーっと降っているように思いますが、聴こうとすればするほど、様々な音に気づいて、とれろれろれろれ、と降っているように聞こえてきました。

この続きをみるには

この続き: 1,886文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年11月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年11月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
2
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。