見出し画像

[2019.04]モニカ・ストーリー

文●宮ヶ迫ナンシー理沙 text by NANCI LISSA MIYAGASAKO

 モニカ・サウマーゾ・ピニェイロ、1971年、サンパウロ生まれ。歌手。彼女の歌への愛は、幼少期に家で聴き親しんだ様々なMPB(ブラジルポピュラー音楽)の音楽に由来する。音楽を専門的に学ぶに至ったのはそのずっと後、大学受験前の予備校で勉強をしている時。1980年代初頭の芸術運動「サンパウロ前衛派(ヴァングアルダ・パウリスタ)」の中心的グループだったグルーポ・フーモのメンバー、ヒカルド・ブレインが主催する音楽講座で歌唱の勉強をしたことがきっかけで、その後大学進学を辞めて歌手になることを決意した。

画像17

 本格的な歌手として初めての仕事は、1989年、マリア・ベターニアやミルトン・ナシメントなどの舞台演出も手がけるGabriel Villela演出によるドイツの作家オスカー・パニッツァ作の『愛の公会議』の劇場での歌の仕事だった。その後、ヘナート・ブラス、ファビアナ・コッツァなど今も活躍を続ける錚々たる面々が参加した、エドゥアルド・グヂンが率いる Notícias dum Brasil に参加するまでは、サンパウロ市内のバーなどで研鑽を積んだ。モニカの声を聴くこのできる最初のCDは、Mario Gilの『Luz do Casi』(1993)のなかの「Cidadela」。その後、Palavra Cantadaというデュオによる子ども向けの作品『Canções de Brincar』(1996) のなかで3曲を歌っている。同時期、映画音楽を多く手がけた Inácio Zatz の『La Nave』にもNá Ozzettiらと参加している。

この続きをみるには

この続き: 3,571文字 / 画像19枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)