[2018.12]『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』(ダニエル・ローゼンフェルド監督作)偉大なる音楽家の真実と、父と子の儚い物語
見出し画像

[2018.12]『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』(ダニエル・ローゼンフェルド監督作)偉大なる音楽家の真実と、父と子の儚い物語

文●圷 滋夫

text by SHIGEO AKUTSU

 アストル・パンタレオン・ピアソラ。本誌読者であれば、彼の音楽については多くを語る迄もないだろう。タンゴの革命児にして、史上最高のバンドネオン奏者、そして偉大な作曲家でもある。しかしこの映画では、たとえ彼の熱心なファンでも驚くような真実を、様々な視点から見る事が出来る。

 本作は没後25周年の昨年、母国アルゼンチンで開催された回顧展に合わせて制作されている。監督はブエノスアイレス生まれで幼い頃からピアソラの音楽に親しみ、ピアノと作曲も学んだダニエル・ローゼンフェルド。初長編作がやはりバンドネオン奏者でECMに諸作を残すディノ・サルーシについてのドキュメンタリーで、それを観たピアソラの息子ダニエル・ピアソラが、本作についての話を監督に持ちかけたのだ。

サブ7

©Daniel Rosenfeld PHOTO:© Juan Pupeto Mastropasqua

この続きをみるには

この続き: 1,969文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)