見出し画像

[2018.09]特集:ワールド×ジャズ 世界で最も新しいジャズを聴いている男 Dave Summer インタビュー

──あなたの生い立ちとキャリアを経歴をおしえて下さい。

Dave Summer もっぱら古いジャズだけを聞く習慣でした。50年代〜60年代のバップ、スピリチュアルジャズも少々。その後の年代にはフリージャズや前衛的なジャズ。ある日、私は何人かの友達とでモダンジャズに注目する事に決めました。そうして毎週1枚新しい新譜を聞く事に専念しました。僕達は皆、新譜を聞く事にとても熱中して、そして私達がモダンジャズを聞くのに時間を費やしていたのは、かなり前の事です。

 私はいくつかの異なる音楽好きのフォーラムの会員でした。そして、自分が楽しんだ新譜のリストを投稿していました。私のリストは人気になり、間も無く、より大きなプラットフォームで発表する機会を得ました。

 私は、約1年間、AllAboutJazz のデイリー・ダウンロード・ページの編集者でした。その後、eMusicなどにジャズのお勧めコラムを毎週書き始めました。後にeMusicのスピンオフ雑誌wondering soundを編集していました。現在、Bandcamp Dailyに推薦コラムを書いていますし、時々取材もします。そして、その間ずっと、私自身のサイトBird is the Wormを運営しています。

──どういうタイプのジャズが素晴らしいジャズだとお考えですか?

Dave Summer 私はメロディーが基準の枠を持つジャズが好きです。そういう曲は、メロディに集中する必要がないですし。メロディが歌のベースに組み込まれていて、メロディが鑑賞する際のベースとなっているジャズが好きです。私の耳は、メロディーを他の何よりも尊重します。それが私が一番好きなジャズの主な特徴です。私は、音楽を大胆に創造的にしたり、過去の言葉を現代に新しい形で伝えたりしたいと思っています。ジャズはいつも絶えることない進化の中にいました。変化はその血にあります。だから私は私が好きだと思っていること、私が好きでないと思うことについて、オープンな心を維持しようとしています。なぜなら、私が学んだことの1つは、毎日、私の仮定に挑み、私を驚かせ、驚かせる新しい方法を見つける新しいアルバムがそこにあるということです。

この続きをみるには

この続き: 986文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)