見出し画像

[2020.12]【中原仁の「勝手にライナーノーツ」⑤】Adriana Calcanhotto 『Margem, finda a viagem』

文●中原 仁

画像1

Adriana Calcanhotto『Margem, finda a viagem』
───── 中原仁の「勝手にライナーノーツ」─────
近年、日本盤の発売が減少し、日本における洋楽文化の特徴である解説(ライナーノーツ)を通じて、そのアルバムや楽曲や音楽家についての情報を得られる機会がめっきり減った。
また、盤を発売しない、サブスクリプションのみのリリースが増えたことで、音楽と容易に接することが出来る反面、情報の飢えはさらに進んでいる。
ならば、やってしまえ!ということで始める、タイトルどおりの連載。
リンクを通じて実際に音楽を聴き、楽しむ上での参考としていただきたい。


 『Maritmo』(98年)、『Maré』(2008年)、『Margem』(2019年)。20年余を経て完結した、アドリアーナ・カルカニョットの “海三部作”。そのファイナル・ツアー、2019年12月のリオ公演のライヴ盤が出た。
 タイトルの『Margem, finda a viagem』意味は “岸(ふち、へり), 旅の終わり”。本来、2020年の前半に発表の予定だったと想像するが、コロナ禍のステイホーム期間中に作詞作曲から録音まで全て行なった新作『Só』を発表したため、2020年11月の発表となりCDもリリースされた。おそらくDVDも出るだろう。
 まず、“海三部作” を簡単に振り返っていこう。タイトル、発表年に続いて、本作に収録された曲を曲順の番号で併記する。

この続きをみるには

この続き: 2,385文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2020年12月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するに…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
6
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)