見出し画像

[2017.05]特集:日本人のアーティスト達による ケルト/アイリッシュ音楽のムーヴメント

文●おおしまゆたか

画像1

 それに初めて気がついたのは2010年秋、『TOKYO IRISH GENERATION』というオムニバスがリリースされた時だった。そこで演奏されている音楽はいずれもアイルランドをはじめ、広く「ケルティック」と呼ばれるタイプの音楽だったが、どれもこれも恐しく質が高い。このまま現地へ持っていっても充分通用するだろうとぼくの耳には聞えた。しかもみな「借り物」ではない。単純にあちらの楽曲や演奏を忠実にコピーしました、というものではなかった。伝統音楽のエッセンスを身体の奥深くまで取り込み、その上で自分たちの、21世紀にこの島国に生きる人間による、同時代の人間のための音楽として放っている。そしてそういうミュージシャンが一人や二人ではなく、五人六人でもなく、数十人も集っていた。これはトップの連中であり、その背後にはこれに数倍、数十倍する若者たちがいることも明らかだった。そう、若者たちだ。30代以下の人びとだ。オムニバスのレコ発ライヴは出演者が多いために2回に分けて行われた。ぼくは2回目の方しか行けなかったが、そこでもまた驚かされた。会場にあふれんばかりの聴衆の数とその質の高さ、そしてやはり若さにである。

 その少し前からわが国でケルト系の伝統音楽やそれをベースとした音楽を聞くだけでなく、演る人たちが多数現れていることには気がついていた。前世紀末以来の世界的な「アイリッシュ・ブーム」の影響だろうと思ってもいた。しかし、従来のそれとはどうも次元が一段違ってきたという感覚が、『TOKYO IRISH GENERATION』のミュージシャンたちにはあった。単に仲間内で楽しむだけではなく、ひとつの表現手段として北部ヨーロッパの伝統音楽を選びとるという姿勢だ。そこには当然それを仕事とすることも含まれる。

この続きをみるには

この続き: 4,081文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。