見出し画像

[2015.03]ホルヘ・ドレクスレル 本邦初インタビュー 【特集 とても話を聞いてみたかった人たち】

文●松山晋也

texto por SHINYA MATSUYAMA

画像1

Fotos por Thomas Canet

 未だ日本盤としてCDがリリースされていない重要音楽家の中でインタヴューしたい人は? と編集部から問われ、即座に挙げたのがホルヘ・ドレクスレルだった。熱心なファンは一部にいるものの、日本では今なお〝映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」の主題歌「川を渡って木立の中へ」でアカデミー賞最優秀曲賞をもらった南米の歌手ね〟程度のうっすらとした認識で終わっている。実際ホルヘの名前が欧米音楽シーンで広く知られるようになったのは、この受賞(05年)がきっかけではあったが、その後は発表するアルバムも急速にセールスを伸ばし、今や押しも押されもせぬ大スターのポジションを確保している。人呼んで〝ウルグアイのカエターノ・ヴェローゾ〟。

 ちょうどライヴ・ツアーが始まったばかりという最悪のタイミングだったため、最初にメールで送った質問を半分に削らざるをえなかったのが残念ではある(特に、昨年リリースされた新作『Bailar En La Cueva』について、あまり突っ込んで訊けなかった)が、とりあえず、日本の音楽雑誌による初のインタヴュー(のはず)である。

この続きをみるには

この続き: 2,951文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
5
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)