見出し画像

[2017.05]【連載 TÚ SOLO TÚ #205】現在のラテン・ポップシーンを写し出した大傑作『ウン・ベシート・マス』 メキシコ兄弟デュオ ジェシー&ジョイ

文●岡本郁生

 先月は、今年のグラミー賞で〈ベスト・ラテン・ロック・アーバン・オア・オルタナティヴ・アルバム〉を受賞したプエルトリコの女性歌手イレを取り上げたが、今月は〈ベスト・ラテン・ポップ・アルバム〉に輝いたメキシコの兄妹デュオ、ジェシー&ジョイをご紹介したい。

画像1

画像2

 受賞作は2015年にリリースされた彼らの4枚目のアルバム『ウン・ベシート・マス』。これぞまさに、いまのラテン・ポップ! というべき大傑作アルバムである。

 まず1曲目、ちょっとレゲトン風味のアコースティックでメランコリックなナンバー「ケ・ペナ・メ・ダ」からグーッとその世界に引き込まれてしまうわけだが、この曲は、ジェシー&ジョイと、キューバ出身で世界をまたにかけて活動する歌手/コンポーザーのデセメル・ブエノとの共作。しかも、アデルやサム・スミスらとの仕事で知られるフレイザー・T・スミスをプロデューサーに迎えてのロンドン録音というのだから驚いた。いや、この曲だけではない。全13曲中ほとんどがロンドン録音であり、プロデュースには、スミスに加えて、ジェイソン・ムラーズ、メアリー・J・ブライジ、ジェイミー・カラムらを手掛けたスウェーデン人のマーティン・テレフェ(子供のころベネズエラで育ったらしい)が参加。ツボをおさえたメリハリのあるポップ・サウンドを聞かせている。そんな中でタイトル曲「ウン・ベシート・マス」はフアン・ルイス・ゲーラとのデュエットで、ドミニカ共和国での録音。ペダル・スティールをフィーチャーしたカントリー・ミュージック・テイストをベースに、ゲーラの長年の相棒であるフアン・デ・ラ・クルス“チョコラーテ”のパーカッションをプラス、バチャータを絶妙にミックスし、実に不思議な浮遊感たっぷりの音が広がっている。

画像4

 こんな彩り豊かなサウンドもさることながら、やはり印象的なのは、楽曲の素晴らしさだろう。多くの曲はジェシー&ジョイの自作だが、中でさらに異彩を放っているのは、「3 A.M.」で歌手として共演もしているトミー・トーレスである。

この続きをみるには

この続き: 2,189文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。