見出し画像

[2019.11]ブラジルサンバ界の最長老 ネルソン・サルジェント 来日レポート

文・写真●渡部晋也 text & photo by SHINYA WATABE

 その夜、羽田空港国際線ターミナルに横浜を拠点とする日本のエスコーラ・ヂ・サンバ、サウーヂのメンバーが集まっていた。待ち受けていたのはブラジルサンバ界の最長老であり、数多くの名曲を世に送り出したネルソン・サルジェント。サウーヂは現在なんと95歳というネルソンを招へいし、8月31日の浅草サンバカーニバルでのパレードに参加してもらい、さらには横浜でコンサートを開催するというのだ。とはいえ長旅と慣れない日本滞在を強いるわけだから、集まったメンバーにも不安の色は隠せない。やがて空港職員が押す車椅子に乗ってネルソンが元気そうに現れると、不安な顔も少し和らいだようだ。こうしてネルソンの日本滞在が幕を開けた。

画像1

 話は2年前に遡る。90年代に3回来日したネルソンはそれが想い出となっているらしく、是非もう一度日本を訪れたいとしばしば口にしていたという。そこで息子の嫁、リヴィアがインターネットで調べ、Facebookを通じて横浜のエスコーラ・ヂ・サンバ、サウーヂにたどり着き、前プレジデンチ(会長)である石山和男氏とコンタクトをとることに成功。このプロジェクトがスタートすることになった。

この続きをみるには

この続き: 2,612文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
1
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)