[2018.05]カタルーニャの現在 ROBA ESTESA
見出し画像

[2018.05]カタルーニャの現在 ROBA ESTESA

メールインタビュー●坂本 悠

texto por YU SAKAMOTO

── 幼少期の音楽環境について教えて下さい。

ロバ・エステザ メンバー全員が様々な音楽を聴いて育ちました。クラシック音楽(音楽学校で出会ったメンバーもいる)、ジャズやカタルーニャの伝統音楽など。それぞれが異なったバックグランドを持っているからこそ、それがロバエステザに反映されていると思います。伝統音楽を出発点としていますが、そこにラテンのリズムをミックスさせたり、ロック色が強い作品もあれば、ポップスの特色があるものもあります。私たちメンバー個々の個性がダイレクトに音楽に反映することで様性を生み、また曲作りのアイデアの源にもなっています。

── カタルーニャは現在の音楽にどのような影響を与えていると思いますか?

ロバ・エステザ 私たちのアイデンティティーそのものです。私たちが育った環境は、その大部分がカタルーニャ語を話して生活しました。カタルーニャは私たちの音楽そのものであり、長年続けている闘いでもあるのです。よって、私たちの楽曲は全てカタルーニャ語で歌っています。カタルーニャ語は私たちが話す言語であり、コミュニケーションをとる手段であり、私たちの音楽と文化のアイデンティティーをカタルーニャという国が反映しています。

画像1

── ミュージシャンとしてのキャリアの中で、もっとも影響を受けた人は?

ロバ・エステザ 本当にあらゆる人々から影響を受けました。祖母と聴いていた伝統音楽から、世間一般に認知されているようなフォルクローレなど。他にも、カタルーニャで活躍するラ・カラウ、バレンシアのオブリント・パス、スペインのエブリナイト、他にも国際的に活躍したビオレータ・パラ、チリのラ・マノ・アヘナ、ニューヨークで結成された多国籍ロックバンドのゴーゴル・ボールデロなどをよく聴きました。

── カタルーニャ独立運動が叫ばれて久しいですが、アーティストを取り囲む環境に影響や変化はありますか?

この続きをみるには

この続き: 780文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)