見出し画像

[2017.05]ルス・カサル〜日本初公演決定!

待望、日本初公演が決定! スペインの大スターが紡ぐ、知性のラテンアメリカ曲集を見届けよ。

 飾らぬ言葉の端々から、温かな人柄と知性、気品がこぼれる。燗酒が好きで、長らく日本への思いをつのらせていたという。原点はロックだが、ペドロ・アルモドバル監督映画での抜擢を機に、彼女の歌世界は広がっていった。アグスティン・ララ作「ピエンサ・エン・ミ(あなたを思って)」の秀逸なカヴァーが、ルス・カサルを大スターの座へと導いたのだ。

 彼女の名は、映画『ハイヒール』(91年/日本公開92年)エンドロールのトップにクレジットされている。アルモドバル作品では、しばしば往年の名曲が主人公の胸中を暗示するが、『ハイヒール』はまさしく「ピエンサ・エン・ミ」と、ニーノ・フェレル作「別離(※スペイン語版=ウン・アニョ・デ・アモール)」の2曲からストーリーが生まれた。劇中、大女優マリサ・パレデスの吹き替えをつとめた彼女は、録音以来、いつかこんな雰囲気のボレロ集を作りたいと夢見てきた。念願のアルバム、09年録音『ラ・パシオン』は昨秋、情熱が実って国内盤発売に漕ぎ着けた。リリースの経緯については、本誌17年1月号、岡本郁生氏のインタビュー記事に詳しい。

この続きをみるには

この続き: 2,228文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年5月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年5月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。