[2017.09]ハファエル・マルチニと大作『スイチ・オニリカ』について
見出し画像

[2017.09]ハファエル・マルチニと大作『スイチ・オニリカ』について

文●花田勝暁

 音楽ファンから大いに注目される現在のブラジル・ミナスの音楽シーン。くるりの岸田繁は、同シーンの中から、アレシャンドリ・アンドレスとハファエル・マルチニという最重要の2人を、9月23日に京都で行われる京都音楽博覧会に招いた。アレシャンドリは、シンガーソングライターでフルート奏者、ハファエルはピアニスト/作曲家/アレンジャーである。

 ハファエルは8月末、スパイラル・レコーズより、ベネズエラ・シンフォニック・オーケストラと録音した新作『スイチ・オニリカ』をリリースする。夢をテーマにした組曲「スイチ・オニリカ」の制作と録音の経緯についてのインタビューは先立って行いライナーノーツに執筆させていただいたので、このページは、ハファエル・マルチニと『スイチ・オニリカ』ついての理解をより深められるものにしたいと考えている。ハファエルに改めてメール・インタビューを行った。左のページでは本誌「新しい世界の作曲家」の企画で行ってきたのと同様の作曲家アンケートと、組曲の中から4曲目「Rapid Eye Movement」の歌詞対訳を掲載する。


画像1

Rafael Martini Sextet / Venezuela Symphonic Orchestra『Suíte Onírica』

(SPIRAL RECORDS|CD:HITP-1101)

この続きをみるには

この続き: 6,901文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)