見出し画像

[2021.05]圷 滋夫【特集 私の好きなブラジル映画】

選・文●圷 滋夫(あくつしげお/映画・音楽ライター)

本エントリーは、5/26(水)からは、有料定期購読会員の方が読める記事になります。定期購読はこちらから。


 日本で “ブラジル映画” と言えば、まず『セントラル・ステーション』(98)や『シティ・オブ・ゴッド』(02)、または『蜘蛛女のキス』(85)、音楽好きならブラジルが世界に誇る巨匠たちのドキュメンタリー『ジョアン・ジルベルトを探して』(18)、『アントニオ・カルロス・ジョビン』(12)、『ヴィニシウス 愛とボサノヴァの日々』(05) や、カエターノ・ヴェローゾが音楽を担当し『黒いオルフェ』(59)のブラジル濃度を高めて刷新した『オルフェ』(99)、ジルベルト・ジルが音楽を担当したノルデスチが舞台の大人のファンタジー『私の小さな楽園』(00)、そして映画好きはシネマ・ノーヴォを代表する監督グラウベル・ローシャの『アントニオ・ダス・モルテス』(69) や『黒い神と白い悪魔』(64) 等を挙げるでしょうか。最近でも話題となった怪作『バクラウ』(19) や、滋味深い『ぶあいそうな手紙』(19) も印象的で、少し考えただけでも本当に多種多様な傑作を思い浮かべる事が出来る。そんな人それぞれ掘れば掘るほど、深みにハマる沼のような世界です、ブラジル映画は。

この続きをみるには

この続き: 1,609文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年5月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! Obrigada!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)