見出し画像

[2020.04]沖縄の四季を詩情豊かに伝える 交響組曲「沖縄交響歳時記」 琉球交響楽団を指揮した大友直人に聞く

文●北中正和 text by MASAKAZU KITANAKA

  琉球交響楽団が、沖縄の人気曲を集めた『琉球交響楽団』以来15年ぶりに、新作『沖縄交響歳時記』を発表した。「かぎやで風」「谷茶前」「てぃんさぐぬ花」「唐船どーい」「久高」など、沖縄民謡や古典曲を素材にした清冽なオーケストラ組曲だ。作曲者は『題名のない音楽会』『SONGS』などで知られる萩森英明。その指揮・音楽監督をつとめる大友直人に話を聞いた。

── 琉球交響楽団との関わりから教えていただけますか。

大友直人 N響の歴史に残る名トランペット・プレイヤーの祖堅方正さんは、イギリスのフィリップ・ジョーンズに学んで、室内楽のブラス・アンサンブルを日本に紹介された方ですが、沖縄に県立芸術大学が新設されたとき音楽学部の教授になられた。その祖堅さんからの依頼で、94年に学生の小さいオーケストラを指揮しました。それが発展して琉球交響楽団構想ができ、最初の演奏会をやったのが2001年です。財政的にはとても厳しいんですが、なんとかやりくりしながら20年間続けられたのは沖縄の人たちの情熱と粘り強さのおかげですね。


── 琉球交響楽団の特徴は?

大友直人 オーケストラはクラシックの名曲をやるのが責務ですが、地元に密着した新しい作品作りも大事なので、これまで委嘱作品を10曲くらい、沖縄在住の作曲家の方の作品を中心に演奏してきました。今回はせっかく新しいアルバムを作るんだから、インパクトの強い質の高いものにしようということで、5年くらい前の委嘱作品『航海記』の評判がよかった萩森英明さんに作曲を依頼しました。テーマは最初リスペクト・レコードの高橋さんから沖縄の四季はどうですかと言われて、沖縄の四季はそれほどはっきりしないけど(笑)、年間行事はたくさんあるから、それにちなんだ組曲にしようということで、最終的には6楽章になりました。録音中も最後までディスカッションしながら出来上がったのがこのアルバムです。

琉球交響楽団録音2019

この続きをみるには

この続き: 1,169文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2020年4月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ 2020年4月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます! ¡Gracias!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。