見出し画像

[2019.06]ブラジルフィールドワーク #13 我々はブラジル原初の民

文・写真●下郷さとみ text & photos by SATOMI SHIMOGO

同時代人として生きる

「違和感がある」。そんなコメントをもらって考え込んでしまった。毎年1ヶ月かけて訪問するアマゾン先住民族の村のようすを日本の知人に語った時のことだ。

 たいていの村には寺子屋のような学校があり、教員の資格を得た村の若者を先生役に民族言語とポルトガル語の両方を使った授業が行われている。外の社会との物や情報や人の行き来は年々進んで、工業的な製品も徐々に入って来るようになった。パソコンで文書を作成し、ネットのある場所まで出かけて情報の収集や発信を行う若い世代のリーダーも多い。大学進学を果たす若者も増えている。

 そんな村のようすに「びっくり」ならわかるけれど「違和感」って何だろうな。先住民族にイメージする素朴さや純粋さが失われることへの拒否感だろうか。私が2015年に初めて彼らを訪ねた時、自分自身にびっくりしたのは逆に違和感のなさだった。「そうか、彼らも同時代人なんだ」と妙に納得した。

 生きる環境や生活様式はもちろん随分違っているけれど、今という同じ時代に、同じ地球の上で、この世界と関わりながら生きている。アマゾン地域の先住民族が「現代文明」と出会ってから、わずか60年余り。いわば石器時代から数千年の時を早足で駆け抜けて今、伝統文化を保持しながらもテクノロジーを我が物としている。そんな彼らの柔軟な姿に触れて素直に、すごいな、と思った。

 ブラジル社会の中で圧倒的マイノリティとして苦しめられている先住民族が、生存への権利をかけて闘うために必要な「武器」が知識と知恵と情報だ。時代への彼らの柔軟な適応能力は、それだけ社会の中で彼らが置かれている状況が厳しいことの表れでもある。4月は彼らが「先住民族の4月(Abril indígena)」と呼ぶムーブメントの月。新たな武器を駆使して繰り広げられた彼らの運動を少しだけ紹介したい。


15年目の「自由の大地キャンプ」

この続きをみるには

この続き: 2,583文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2019年6月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2019年6月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。