見出し画像

[2017.12]次世代のモダン・フォルクローレ界を担う逸材 SERAARREBOL

文●坂本 悠

 ナディア・ラルチェルは広大なアンデス山脈が連なるアルゼンチン北部のカタマルカ州アンダルガラ出身のボーカリスト、イグナシオことナチョ・ビダルは1981年ブエノスアイレス出身、ボーカル/ギター/作詞作曲を担当している。彼らはナディアの出身地アンダルガラで約10年前に出会い、2013年から「セラアレボル」として活動をはじめる。これまでにアカ・セカ・トリオ、ディエゴ・スキッシ、カルロス・アギーレ、リリアーナ・エレーロ等と共演を重ね、次世代のアルゼンチンのモダン・フォルクローレ界を担う存在として熱い視線を注がれている。そんな注目株の彼らのファーストアルバムがついに発表されたのを機に彼らに話を聞いてみた。

—— どのような幼少期を過ごしたのでしょうか?

ナディア ダニエル・モヤノというラ・リオハ州出身の作家がいるのですが、彼は幼少期こそが唯一の故郷だと述べています。私の子供時代は絶えず遊んで過ごしていました。遊び、鼻歌を歌い、空想をして、また鼻歌を歌う。自分が物語の主人公になったように、人生の楽しみ方を学びました。

ナチョ あらゆるものをよく観察していました。校内の広場で踊ったあの頃のこと、水道をつたって流れる水の音、教室に漂う朝の匂い……こうしたことを今でも覚えています。大人になった私は子どもの時のあの頃とは違う岸にいますが、いま私が作っている作品には幼少期に見た原風景の影響が大きいと言えるでしょう。

画像3

この続きをみるには

この続き: 1,617文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
このマガジンにはラティーナ2017年12月号の主要な記事が収められていますが、定期購読マガジンの「ラティーナ」を購読していただくと、最新号とアーカイブの全てが月額900円で読めるのでお得です。(※デジタル定期購読している方は、e-magazine LATINA内の全ての記事が読めます。このマガジンを「目次」と考えてください)

ラティーナ2017年12月号のアーカイブです。

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事も、過去のアーカイブも読み放題! (※2017年以降の主要記事がアップ済。順次追加)

こちらでもピックアップされています

世界の音楽情報誌「ラティーナ」
世界の音楽情報誌「ラティーナ」
  • ¥900 / 月

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために、これからはこちらから情報を発信していきます。 毎月の特集や、強力な面々による連載に期待してください。世界のニュースや音楽情報、新譜リリース情報、イベント情報などは、日々更新していきます。購読者に向けて、様々なプレイリストも共有予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。