[1985.10] ’85 日本の快バンド大放出その① 森本タケルとエラ・ジ・エスチ Takeru Morimoto e Era de Este
見出し画像

[1985.10] ’85 日本の快バンド大放出その① 森本タケルとエラ・ジ・エスチ Takeru Morimoto e Era de Este

 e-magazine LATINA の2021年2月の特集「日本のラテンシーンを作ってきた人たち〜ブラジル音楽編」に関連して、中原 仁さんのご協力で、月刊ラティーナ1985年10月号からアーカイヴ記事を掲載します。

紹介人●中原 仁

 このページではこのところ日本国ラティーナ音楽圏で異彩を放っている面白いグループなどを、随時紹介していきます。

画像1

 森本タケルさんの名前は、読者の皆さんならよく御存知だろう。サンバのこよなき愛情にあふれた文章を読んでいると、そこに書かれたアーティスト同様に、書き手である森本さんの人柄が浮かびあがってくる。
 しかし、彼の本来の姿、サンバ歌手としてのすばらしさを知る人が、意外に少ないのは残念だ。ひいき目でなく、ぼくは森本さんを日本一のサンビスタだと思う。そのフィーリングもさることながら、文章家としての彼同様、歌に暖かい人間性が感じられるところがすばらしい。森本さんが、最も敬愛するカルトーラの曲を歌う時、ぼくはとても幸せな気分になり、そして胸がキュンとしめつけられる。それは、カルトーラ自身やネルソン・カヴァキーニョ、そしてドリヴァル・カイーミの歌を聴く時と同質の感情だ。
 森本さんが率いるグループ「エラ・ジ・エスチ」の活動も3年目に入った。メンバーは、森本タケル(ヴォーカル)、笹子重治(ギター)、 秋岡欧(カヴァキーニョ、バンドリン)、八尋洋一(べース)、吉田和雄(ドラムス)、八尋トモヒロ、立嶋直樹(パーカッション)、大井研二(フルート)、山口卓也(トロンボーン)の9人。日本のサンバ界の精鋭がズラリそろった、何ともゼイタクなバンドだ。主なレパートリーは、サンバ・エンレード、カルトーラのサンバ・カンソン、そしてショーロ。「愛するポルテーラ」から「沈黙のバラ」。先月の末、FM東京のディレクターからサンバのスタジオ・ライヴのコーディネイトを依頼され、即座にエラ・ジ・エスチ・ウィズ向井滋春のセッションを組んだのだが、幅広く、しかも一本太い筋が通った選曲、演奏で、通から一般の音楽ファンまで楽しんでもらうことができた。ありがとう。
 この「通から一般のファンまで」というレンジの広さが、エラ・ジ・エスチの音楽の基本である。「音楽の好きな人達だけが集まって、楽しんでやればいいというのは、アマチュアの発想だよね。プロとして活動していく以上、サンバをまったく知らない人が聴きに来ても、何だかわからないけど、楽しい音楽だな、と思ってもらえるようにしなければ。だいたいぼくは、歌手というより芸人だと思ってる。『見せたい』という意識を持って、本当のエンターテインメントを生みだして行きたいね。」そんな森本さんの発言に、ぼくは無条件で賛同する。もっとも、森本さんは謙遜してこう言ったが、すばらしい歌手だからこそ正味の芸人になりうるのだと、ぼくは思うけどね。

この続きをみるには

この続き: 863文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年2月に新規にアップした記事のみが収められているマガジンです。こちらでアーカイブ記事は読めませんので、アーカイブ記事も購読するには…

このマガジンを購読すると、世界の音楽情報誌「ラティーナ」が新たに発信する特集記事や連載記事に全てアクセスできます。「ラティーナ」の過去のアーカイブにもアクセス可能です。現在、2017年から2020年までの3.5年分のアーカイブのアップが完了しています。

「みんな違って、みんないい!」広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に生まれ変わります。 あなたの生活…

「スキ」、ありがとうございます!
広い世界の多様な音楽を紹介してきた世界の音楽情報誌「ラティーナ」がweb版に。あなたの生活を世界中の多様な音楽で彩るために情報を発信します。 月額900円のデジタル定期購読で、新規記事もアーカイブも読み放題! (※アーカイブは増減する場合があります)